牛肉の部位

赤身肉の希少牛肉部位とうがらし(トンビ)お取り寄せおすすめ通販おすすめランキング

希少部位とうがらし

希少部位に入る「とうがらし(トンビ)は一頭の牛からあまり多く取れない希少部位です。一般的に「とうがらし」とか「とんび」と聞けば、まさか牛肉のことなんて思いませんよね(笑)。希少部位に詳しいコアな方なら一度や二度は食べていますね。肉の形状が「とうがらし」に似ていることから、この名前が付けられました。肉質はやや粗く筋がありますが、赤身のうま味が強くて肉汁が多く出るのが特徴です。このような特徴を活かしたブロックでローストビーフにも使われています。その他シチューや煮込み料理などにも使われています。

長太屋の松阪牛希少部位「とうがらし」

長太屋
長太屋は松阪牛専門の業者で、自家牧場に置いて子牛から徹底した衛生管理下で飼育することで、抜群の味を引き出す方法を見つけました。肉好きな両親に父の日や母の日などに感謝を込めてサプライズとして焼き肉で食べてもらえば喜ばれること間違いなし!昨今問題のトレーサビリティの心配はまったくありません。

牛肉ブランド 松阪牛とうがらし焼肉【500g】
注文 自家用500グラム
ギフト対応
発送 受注後カットのため2~3営業日以内に発送
お支払方法 クレジットカード・現金・代引き(手数料必要)

長太屋楽天市場公式ページ

とうがらしの特徴焼き方

焼き肉にする時は真ん中の筋を丁寧に取り除いて薄切にするのがおすすめ。通販ではこうした手間を省いてあらかじめ薄切にしているので、開封してもすぐに召し上がることができます。
焼き肉にすればわかりますが、脂肪が適度に入っていて風味も強いことから、タタキなど、ほぼ生食で食べる通もいます。ただしそれに挑戦するには、自己責任のもとで肉の質を吟味して、生食で食べれる安全な品質の業者で買うようにしましょう。

食感は柔らかめのももと言う人もいれば、ヒレに似た風味という人もいます。いずれにしても、焼肉で柔らかめな歯ごたえを重視する人には一度は食べて欲しい部位です。

美味しい焼き方

味付けは、やはり肉のうまみ重視ということで。塩胡椒や塩ダレで、醤油ならワサビ醤油を少し付けるくらいで食べればより肉の味が引き立ちます。ローストビーフにも使われるような部位なので、焼肉でも表面をあぶる程度のレアがおすすめ。または脂が溶け出す程度のミディアムレア。肉のうま味を逃さないように、肉汁がしたたり落ちる前に食べるのがコツ。

とうがらし肉DATE

希少度 ★★★★☆
価格帯 ★★★☆☆
カロリー ★★★☆☆
通好み度 ★★★★☆
おすすめの食べ方 塩・醤油
合うお酒類 ビール・ワイン・日本酒・焼酎
神戸牛を部位から選ぶ>> 米沢牛を部位から選ぶ>>
ご自宅用、業務用に美味しい三大和牛お取り寄せ

三大和牛お試し
和牛専門の総合商社「松商」ならではの品揃え。
松坂牛・近江牛・神戸牛の高級三大和牛の美味しさを味わえるお試しセットを特集!
デパ地下やスーパーで買えば数倍もするお値段が、お試し価格の特別価格でお取り寄せできます。
お世話になった方へ感謝を込めてギフトにしても最適です。
また業務用の美味しい肉をお探しの業者さんにもぜひ見てほしい。
お手頃価格で楽しめるお試し&食べ比べランキングを特集!

三大和牛の詳細・ご注文公式ページへ