牛肉の食べ方

すき焼き用肉通販は産地で選ぶのもおすすめ

すき焼き用肉通販

日本一おいしいすき焼き店はどこだと言えば、こればっかりは断定できない。すき焼きの肉や割り下にこだわる人も多く、関東と関西ではすき焼きの歴史も違えば味覚も違う。どこの産地の牛肉がすき焼きに適しているかと調べるのも愚の骨頂だ。どこの産地の和牛の肉をすき焼きにしようが、美味しいければいいではないか。後はあなたの好みです。というわけで、すき焼き肉が通信販売でお取り寄せできるお店を紹介します。ついでなので「すき焼き」に関する文献も色々調べたので紹介します。たかがすき焼き、されどすき焼き。う~ん奥が深い(笑)

すき焼き肉をブランド・産地で選ぶ

関東で有名なすき焼き屋人形町の今半

今半すき焼き
今半では産地やブランド牛にこだわらず黒毛和牛を厳選した肩、肩ロース、ロース、ももをご注文できます。霜降りの柔らかい肉を食べたいなら、肩ロースを、とろけるような味わいを楽しみたいならロースなどを選べるようになっています。

【上撰】黒毛和牛すき焼き用(肩・もも) 100g 【冷蔵便】

今半肩肉そなたでも美味しく食べてもらえる黒毛和牛の肩・ももセット。すき焼きに適したコクのある赤身と霜降りのバランスのよいお肉です。進物用として熨斗も用意しています。

牛肉ブランド 黒毛和牛の肩・もも
注文 黒毛和牛すき焼き用(肩・もも)100g お値段1,134円(税込)
ギフト対応 贈答用包装、のし等の対応を致します。
発送 全国へ【冷蔵便】 にてお届け
消費期限 出荷日を含めて4日間

【公式】高級黒毛和牛専門店「人形町今半」はこちら

人形今半が教えるすき焼き肉の選び方

牛肉は部位によって食感も味も違ってきますし、すき焼きには適さない部位もあります。すき焼き用の肉選びで失敗しないように今半が教えてくれた選び方を参考にしてください。

牛肉の特徴を知り、お好みの部位をお選びください。
・肩:赤身と霜降りのバランスが良い部位で、幅広い嗜好に対応できます。
・肩ロース:脂肪がとりわけ入りやすい霜降りの柔らかい赤身肉で、程よい食感と濃厚な味が特徴です。
・ロース:肉の芸術品ともいわれ、とろけるような味わいが特徴です。
・もも:脂肪の少ない赤身の部位、赤味がお好きな方用に薄切りにしたすき焼き肉です。
今半公式サイトより引用

お歳暮に喜ばれる今半
すき焼きに最高!人形町今半の高級黒毛和牛おすすめメニュー今半は松阪牛、近江牛といった銘柄にこだわらずに頑なに品質と美味しさを追及して独自の仕入れをしています。このため今半の目利き職人が実際に現...

すき焼きの美味しい食べ方

すき焼きをお中元やお歳暮でもらったら、せっかくの牛肉の味を損なわずに美味しく食べたいもの。そこですき焼き専門店人形町の今半が教える美味しい食べ方を参考にしてください。

調理する前に冷蔵庫から出し、やや常温に戻してからお使いください。
すぐに調理しますと、お肉がかたく火の通りも均一ではなくなります。
すき焼き鍋を熱し、牛脂をまんべんなくひきます。次に割下を少量いれ、すき焼き用にスライスした牛肉を重ねないように入れ、焼くように炊きます。(※煮すぎないようにすることがポイントです。)少しピンクの色が残っている所を裏返し、といた卵につけてすぐにお召し上がりいただくのが人形町今半流のすき焼きです。 更にお肉でうま味の出た割下に長葱、焼豆腐、白滝などを順次入れて炊き、煮つまらないように薄割(又は水)で薄めながらお肉ともどもお召し上がりいただくのが秘訣です。 ※今半公式サイトより引用

松阪牛モモすき焼き 250g(約2人前)

松坂牛すき焼き肉
こだわりと憧れの松坂牛のすき焼き肉を2人前で注文できます。
お正月にお祝い食としてすき焼きを囲む家庭も増えてきました。また故郷のご両親への感謝の気持ちに松坂牛のすき焼き肉を贈ってみてはいかがですか?松阪牛ならではのきめ細やかなサシ、甘い脂、とろける肉質をたっぷりとお楽しみください。
■松阪牛モモすき焼き 250g(約2人前)定価7,500円のところ特別価格4,320円(税込)

牛肉ブランド 松坂牛
注文 松阪牛モモすき焼き 250g(約2人前
ギフト対応 贈答用包装、のし等の対応を致します。
発送 午前9:00までの注文で即日発送可能
賞味期限 製造より60日、解凍後は当日中にお召し上がりください。

松坂牛公式ページへ

近江牛・神戸牛が選べます

和牛専門商社の松商ではお好みにブランド牛のすき焼き肉がご注文できます。すき焼きファンなら、日本を代表する和牛ブランドの上質な肉をすき焼きで召上がれる絶好のチャンスです。

10000円以下から選べます

松商すき焼き

10000円以上20000円まで選べます

お歳暮

勝手に命名した「すき焼き辞典」

すき焼きの起源は幕末だそうだ

日本人が牛肉を食することに関して調べるとず~と昔を遡のぼる。飛鳥から明治時代に入るころまで日本では公的に肉食が禁止されていたというから、なんとも不自由なといいたい。ただ、地方によっては猪肉(ぼたんや鹿肉(もみじ)など肉を隠語で呼んで「薬食い」と称して密かに食べていたと記録されています。幕末の黒船到来をきっかけに横浜や長崎などで各地の港が開かれると、日本人が西洋人の食生活に触れる機会が多くなり、徐々に肉食文化が浸透していきます。しかし当時は今の時代のように肉食肉料理の技術やスライサーもないために、牛肉は厚切りでも少々臭みがあってもいいからドンと鉄鍋にほうり濃厚な味噌を乗せて煮たのが牛鍋の始まりとされています。

1862年(文久2年)には横浜の居酒屋「伊勢熊」が牛鍋屋を開店したのがきっけで各地に広まったとされ、関東では人形町の今半が有名なすき焼き屋です。当時、伊勢熊で食べていたのは海外から仕入れた食用牛です。しかし、国内での畜産も増えていったことから江戸幕府は食肉処理場を設立し、こうして牛鍋は過熱気味な人気とともに全国へ広がりを見せたそうです。

明治天皇が食べてから一気に肉食は解禁された

1872年(明治5年)に日本中が驚く事件が起きたのです。それは明治天皇が肉料理を食べたことにより、肉食解禁とされ日本中に肉食ブームが起きたのです。実はすき焼きという料理が誕生したのは関西が最初とあります。1869年(明治2年)は神戸に肉鍋専門店「関門月下亭」が開店。その2年後には農具の鋤(すき)を鍋の代わりに使った肉料理を提供していたそうです。

関西では鉄鍋で肉を「焼き」鍋の中で味付けをするものを「すき焼き」と呼び、関東では牛肉の質の向上とともに味噌から醤油や砂糖などを合わせた「割り下」で「煮る」食べ方が主流となっていきました。

今のスタイルの「すき焼き」が広まるきっかけになったのは大正12年(1923年)の関東大震災です。地震により関東の牛鍋屋が大打撃を受け、関西のすき焼き屋が進出したという話も伝わっています。肉を焼く関西の手法と、割り下で味付けをする関東の調理法が融合して、現在の関東風のすき焼きが誕生することになりました。

ブランド牛の飼育も盛んになり、その美味しさも世界中に広がった

おいしいすき焼きを食べたいのは誰でも同じこと。各地のすき焼き屋では調理法に創意工夫を凝らしながら独自のすき焼きを作っています。松坂牛、米沢牛、神戸牛などの有名なブランド牛肉を通信販売でも手軽に取寄せることができすき焼きパーティーを楽しみ家庭も増えています。またお世話になった方へのお礼として、お中元やお歳暮にも人気ギフトとして利用されています。

ご自宅用、業務用に美味しい三大和牛お取り寄せ

三大和牛お試し
和牛専門の総合商社「松商」ならではの品揃え。
松坂牛・近江牛・神戸牛の高級三大和牛の美味しさを味わえるお試しセットを特集!
デパ地下やスーパーで買えば数倍もするお値段が、お試し価格の特別価格でお取り寄せできます。
お世話になった方へ感謝を込めてギフトにしても最適です。
また業務用の美味しい肉をお探しの業者さんにもぜひ見てほしい。
お手頃価格で楽しめるお試し&食べ比べランキングを特集!

三大和牛の詳細・ご注文公式ページへ