牛肉の部位

牛肉部位「亀の子」の通販おすすめランキング

牛肉部位亀の子食べ方

後ろ足の付け根の肉ももより下に「しんたま」という部位がありますが、そのしんたまの一部に亀の甲に似ていることから亀の子という可愛らしい名前が付いた希少部位があります。しんたまの部位は全体的に肉質がキメ細かく、柔らかく、脂肪が少ないのが特徴です。その中でも亀の子は脂肪が少なくて赤身のうま味も凝縮されており、すき焼きやタタキ、カルパッチョにして食べられることが多いようです。
牛1頭から取れるお肉の分量が部位によって異なるため、部位ごとに在庫数が限ら亀の子だけの部位を通販ではお取寄せできる通販は少なく、どちらかといえばしんたまの一部、モモ肉に含んでいます。

米沢牛ロース(モモ)をお取寄せ

米沢牛亀の子
米沢牛専門店さかのでは、亀の子部位を含んだ牛ロースをお取寄せできます。
米沢牛ロース(モモ) 500g(2~3人前)
販売価格:5,500円(税込)

牛肉ブランド 米沢牛ロース(モモ)
注文 500g(2~3人前)からご注文できます。
ギフト対応 贈答用包装、のし等の対応を致します。
発送 正午までの注文で即日発送可能
賞味期限 発送日を含めて5日(要冷蔵4℃以下)

米沢牛ロース(モモ)詳細・ご注文

亀の子の美味しい食べ方・焼き方

亀の子は柔らかいので食感はまろやかなソフト感があり、軽く噛み切ることができます。噛むごとに、さっぱりめの味が滲み出てくるのが特徴。ちょっと物足りないと感じたら塩胡椒で味付けするといい。タレが好みであれば塩ダレが文句なし。美味しく食べるコツは、塩胡椒もタレもあんまり付けすぎないこと。あくまで肉のうま味をじっくり味わってほしいので、そうした配慮も美味しくラベルコツ。また芯芯と同じく脂身が少ないので、レアぐらいがちょうどよいので、焼き過ぎには注意しましょう。

亀の子肉データ

希少度 ★★★☆☆
価格帯 ★★★☆☆
カロリー ★★★☆☆
通好み度 ★★★★★
おすすめの食べ方 焼き方はレア・塩・タレ
合うお酒類 ワイン・日本酒
ご自宅用、業務用に美味しい三大和牛お取り寄せ

三大和牛お試し
和牛専門の総合商社「松商」ならではの品揃え。
松坂牛・近江牛・神戸牛の高級三大和牛の美味しさを味わえるお試しセットを特集!
デパ地下やスーパーで買えば数倍もするお値段が、お試し価格の特別価格でお取り寄せできます。
お世話になった方へ感謝を込めてギフトにしても最適です。
また業務用の美味しい肉をお探しの業者さんにもぜひ見てほしい。
お手頃価格で楽しめるお試し&食べ比べランキングを特集!

三大和牛の詳細・ご注文公式ページへ