日本四大和牛お取寄せ

最高級A5等級の神戸牛通販おすすめ専門店

神戸牛

神戸牛は神戸ビーフとも言われ食通の間ではブランド和牛のトップにランキングされるほど人気です。特に最高級A5等級の神戸牛のみをリーズナブルなお値段で販売する神戸ぐりる工房は、神戸肉流通推進協議会の正規会員です。神戸牛に精通したベテランの目利き職人が厳選した神戸牛の部位を口コミランキングして、神戸牛の特徴や食べ方、選び方などをご紹介します。

神戸牛とは

兵庫県内で生産される優れた但馬牛をもと牛として、熟練した農家が高度な肥育技術を駆使してつくりだした最高牛肉です。 正確には但馬牛の枝肉査定で歩留等級が「A」または「B」等級ならば「但馬牛(たじまぎゅう)」や「神戸牛」になります。A5等級になれば、筋せんいが細かく、こまやかな「サシ」が入った最高級の「霜降り肉」です。 また、筋肉のもつ味と脂肪の香りが微妙にとけあい特有のまろやかさをかもしだします。神戸牛をわざわざ食べに各界の著名人や芸能人が神戸を訪れています。神戸牛は繁殖から肥育生産者、流通業者を指定登録し、一貫した組織体制を構築しております。
牛の旨味を判定するサシと赤身のバランスもよく、サシは人肌で溶けるほどなので、胃もたれもせずにあっさり食べることができます。

当サイト管理人おすすめポイント

ゴンちゃん
ゴンちゃん
神戸観光のときに立ち寄った神戸ビーフ専門店での鉄板焼の食感はいまも残るほど。注文したサーロインステーキは口の中でとろけて、サシと言われる脂身もさっぱりした食感は極上でした。アメリカのオバマ大統領が、2009年の来日時に日本では神戸ビーフを食べたい、とオーダーしたというのは有名な話ですね。
奥さん
奥さん
品質がいい上にお値段もお手頃とあってお中元、お歳暮、パーティー、お祝いなどの贈答品としても時々通信販売を利用しています。
百貨店などで購入するお値段と比較にならないほど安くお取り寄せできるし、お世話になった方への進物としておすすめできます。

美味しい神戸牛を買うためのチェックポイント

そこで神戸ビーフを食べて見たい人向けに次のようなポイントに絞って、神戸牛をご紹介します。

美味しい神戸牛を買うために
  1. おいしい神戸牛が安く買える通販を知りたい
  2. 神戸牛通販サイトの選び方を知りたい
  3. 神戸牛のおいしい部位を知りたい
  4. 実際に神戸牛を食べた人の感想を聞きたい

神戸牛通販サイトの選びかた

数ある神戸牛通販サイトには、神戸肉流通推進協議会が認可された業者と取引をしないで、第三者から安く買って再販する悪質な業者もあるので注意しましょう。
正式に認可された業者のチェックポイント

  1. お肉が品質保証された神戸牛のみを仕入れしている
  2. 通販サイトに、きちんと保証書や飼育者や生産者を明記している
  3. 商品の品ぞろえが充実している
  4. ギフトにもきちんと対応している
  5. 高品質・低価格で美味しい

こちらの5ポイントを抑えて通販サイトを選べば間違いありません。

↓↓こちらの情報も参考にしてください↓↓

神戸牛カブリ
ブランド牛の選び方~牛肉通販で失敗しない和牛の知識など和牛は世界でも大人気です。何でもかんでも和牛として売っている通販もあり、消費者は本物のブランド牛選びに困るほどです。 初めて牛肉通販を...

では、もう少し具体的にポイントを解説していきます。

仕入れがしっかりしている

仕入れがしっかりしているといいうことは、どこの牧場や飼育者から買っているかということです。牛肉はトレーサビリティがあって、品質や安全性が審査され、合格した枝肉のみ市場に出るようになっています。神戸牛を管理する神戸肉流通推進協議会の登録を受けた牧場や店舗が通販できるようになっています。

長い時間をかけて丁寧に飼育された肉牛を扱う販売業者の目利きも審査されます。

商品の品ぞろえが充実

A5等級の神戸牛をまるまる一頭を買って、牛体の隅々まで無駄なく切り出しているので定番の部位から希少部位まで、揃っています。通販だけの会社では、部位が偏りますが、実店舗と通販の両立をやっている会社なら、販売価格も他店より安く買うことができます。神戸牛の消費を早めることで、コスト・品質における高いパフォーマンスを実現しております。

神戸牛買うなら神戸ぐりる工房がおすすめ!

神戸ぐりる工房

神戸牛通販

最高級A5等級の神戸牛を50種類以上の部位を常時品揃えしており、自宅用やギフト用に選べるように通販サイトも工夫されているので注文しやすいです。本物の神戸牛には肉塊に証明する焼印がされています。なので安心してお取り寄せできます。最高級の神戸牛が廉価で注文できる理由は、神戸牛専門の目利き職人が、相場が安定した時期にせりでまるまる一頭を購入して、細部に至るまで無駄なく使い切っているからです。
神戸ぐりる工房では、自前の店舗と通販サイトの両しているから、消費者目線での仕入れと販売が可能になっています。

品質・美味しさ
購入できる部位 サーロイン/リブロース/ランプ/ヒウチ
/三角/カブリ/イチボ/フィレ/シャトーブリアン/肩ロース/プレミアム肩ロース/プレミアムもも/肩(ウデ)/バラ/特選もも/中落ちカルビ/ハンバーグ
神戸牛の価格 四大黒毛和牛の中でも比較的安く買うことができます。(商品の一例)

  • A5等級サーロインステーキ12,722円
  • リブロース 極上大判ロースステーキ ステーキ肉300g(ステーキ1枚)15,724円
  • A5等級ランプ ステーキ ステーキ肉200g(ステーキ2枚)8,208円
  • A5等級 神戸牛 イチボ ステーキ ステーキ肉300g(ステーキ2枚)15,336円

神戸牛部位別の価格一覧を見る

ギフト お中元・お歳暮・景品などに幅広く対応
配送希望時間帯 指定可能
午前中・14時~16時・16時~18時・18時~20時・19時~21時
配送・送料 全国一律920円(1配送先につき、合計 30,000円(税別)以上は、送料無料)

神戸ぐりる工房おすすめ部位人気ランキング

最高級A5等級リブロースしゃぶしゃぶギフト

最高級A5等級 リブロースしゃぶしゃぶギフト
神戸牛ロースの中でも最高級の部位を分厚くカットしていますが、それも上質な柔らかさと甘美な甘味のサシが口の中を夢心地にするくらい美味しいです。神戸市内のステーキ屋さんでもイチオシのリブロースをしゃぶしゃぶ用にしています。暑い夏はビールで、雪の季節には熱燗や焼酎でじっくり味わうことができます。注文を受けてから1枚1枚丹念にカットしてお届けしてくれますよ。
神戸牛
神戸牛ならではの風味・脂の甘みを存分に味わえます。
ギフトにも対応しています。

牛肉ブランド 神戸牛のリブロース
注文 200g(1~2人前)からご注文できます。
ギフト対応 贈答用包装、のし等の対応を致します。
発送 受注後2日以内にお届けできます
消費期限 クレジットカード・現金・代引き(手数料必要)
30代大阪在住主婦
30代大阪在住主婦
主人の誕生祝いにすき焼き用の切り落とし300gを注文しました。想像以上に赤身と脂身の配合がよく、神戸牛の牛脂もなめらかで、付属のタレをかけて美味しく食べれました。梱包も清潔で丁寧でした。

神戸牛リブロース詳細・ご注文へ

神戸牛最高級A5等級サーロインステーキギフト

神戸牛
言わずと知れた肉の王様サーロイン。 牛の腰上部の非常にやわらかいお肉で 神戸牛らしい甘みと旨味が堪能できる部位です。
神戸牛専門店「神戸ぐりる工房」の中でも一番売れているギフトです。神戸牛の旨さをステーキで味わっていただくならやっぱりサーロイン。贈り物にピッタリで、先様の喜びも間違いなくあなたの心づかいに箔がつくギフトです。
■[ギフト] A5等級神戸牛 サーロインステーキ 200g価格:11,800円 (税込 \12,744)
※ご予算に応じて200gから1㎏まで選べます。

牛肉ブランド 神戸牛のサーロイン
注文 200g(1枚)\12,744(税込)から各種ご注文できます。
ギフト対応 贈答用包装、のし等の対応を致します。
付属 自家製タレ・奄美大島のさんご塩・神戸牛認定証(コピー)・神戸牛 牛脂 能
お支払方法 クレジットカード・現金・代引き(手数料必要)
会社社長
会社社長
会社の創立5周年記念品として、社員の家族様、お取引先へ神戸牛のカタログギフトを贈りました。皆さんから大変喜んでもらって、会社の株も一段上がったようです。
40代主婦
40代主婦
一度は神戸牛を食べてみたいと思っていたので、神戸ぐりる工房の通販で見つけたサーロインステーキを注文。 予算より安く買えたし、お肉も柔らかく口当たりもまろやかでとっても美味しかった。

神戸牛公式ページ詳細・ご注文へ

神戸牛の歴史

神戸牛ですが神戸港が開港した途端、神戸は、人、物、情報が行き交う拠点、国際貿易港として重要な役割を果たしてきました。
外国居留地に住む外国人たちは、肉を食べたくても当時の日本では肉食は一般的でなく、自分たちでと畜、解体、調理して食べたと言われます。
そのとき口にしたのが、労働を終えて肥育された但馬牛。
キメの細かさと柔らかさは外国にない味わいだったそうです。
それから、神戸牛は日本の牛肉の代名詞となり、今でも海外の有名人に知れ渡っています。

神戸肉流通推進協議会

神戸牛流通推進協議会では神戸牛を以下のように定義

①兵庫県で生まれた但馬牛の血統であること。
②指定生産者が兵庫県内の牛舎で飼育。未経産牛か去勢牛であること。
③BMS(ビーフ・マーブリング・スタンダード)が6以上、歩留りがAまたはB等級であること。枝肉重量が470キロ以下であること。
470キロ以下というのは、小型の牛のほうが死亡の量が良いとかんがえられているから。

ブランド推進主体

名称 神戸肉流通推進協議会
代表者名 会長 喜多 太見男
所在地 〒651-2145 兵庫県神戸市西区玉津町居住88
TEL 078-927-0327
FAX 078-927-0418
URL http://www.kobe-niku.jp
ブランド設立年月日 1983-09-01
推進主体の区分
  • 推進協議会、JA、事業協同組合など複数の生産者を包含する組織
ブランドの定義
ブランドの定義の有無
ブランドの定義を消費者等に説明できる規約またはそれに準ずる明文化した資料の有無
商標
名称の商標登録の有無 有 2007-8
商用デザインの商標登録 有 2001-2
ブランドの規格
種別
  • 黒毛和種

(品種または交配様式:)

品質規格 歩留等級A・B、BMS6以上、枝肉重量470kg以下
名称付与部位 「かた」「ロース」「もも」「バラ」の4部位に神戸肉を証する印を押印
飼料給与基準 くみあい配合飼料を中心とした別途基準による
出荷月齢 30ヶ月
出荷体重 去勢650kg 雌560kg
独自の飼養基準、衛生管理方法 ブランドを付して販売する枝肉は、生産者指定された繁殖・肥育農家で技術者の指導の下、生産管理されている。
流通・販売
畜場名 神戸、加古川、三田、西宮、姫路、但馬
主な取引市場 神戸市中央卸売市場 西部市場
実需者への出荷形態
  • 枝肉
年間出荷頭数 3000頭
主な出荷先 首都圏・京阪神地域
販売指定店 1件 一覧はこちら

出典:公益財団法人日本食肉消費総合センター

↓神戸肉流通推進協議会の正規会員・神戸牛ぐりる工房の公式サイトはこちら↓