牛肉の食べ方

調理のときのポイント

牛肉を調理するときのポイントをいくつか紹介します。

厚みのある牛肉は室温にもどしてから調理する

ステーキやたたきなどに使う厚みのある肉は、調理をする30分ほど前から室温に置いておきます。
冷蔵庫から出してすぐに、冷たいまま調理すると、中まで熱が伝わらないうちに表面が焦げてしまうなど、失敗の原因にもなるので注意しましょう。

肉の堅さが気になるときは、繊維を断ちきるように細切りに。

赤身肉は脂肪分が少なくたんぱく質が多いため、火をしっかり通すと堅くなりがち。
堅さが気になる人は、繊維を断ちきるように細切りにしてから調理すれば、炒めものなどしてもあまり堅さを感じず、食べやすくなります。

下味で油や酢をからめると、柔らかい食感になります

油や酢には、漬けたりからめたりすることで肉を柔らかくする効果があります。
赤身肉を柔らかく仕上げるためには、下味で油や酢を絡めるのもオススメの方法ですよ。

ご自宅用、業務用に美味しい三大和牛お取り寄せ

三大和牛お試し
和牛専門の総合商社「松商」ならではの品揃え。
松坂牛・近江牛・神戸牛の高級三大和牛の美味しさを味わえるお試しセットを特集!
デパ地下やスーパーで買えば数倍もするお値段が、お試し価格の特別価格でお取り寄せできます。
お世話になった方へ感謝を込めてギフトにしても最適です。
また業務用の美味しい肉をお探しの業者さんにもぜひ見てほしい。
お手頃価格で楽しめるお試し&食べ比べランキングを特集!

三大和牛の詳細・ご注文公式ページへ